大阪緑地公園の中学受験専門 ASK進学教室

指導方針
授業内容
教室紹介
合格実績
オンリーワン算数
王者の算数

先輩が語るASK
ASKに入塾するには
1999〜2013全合格実績
大学受験、高校受験講座

プロフィール
ロビー
Q & A

算数クラブ

このコーナーは受験生がかかえる悩み、疑問、あるいは
受験生の御父母の皆様の御質問にできる限りお答えするところです。

過去に頂いたご質問のなかから、
抜粋してご紹介させていただいています。
7月4日 質問
小6の父兄ですが、今まで受験勉強をしたことがありません。できれば受験をしたいのですが、今からでは遅すぎますか。

● 答え
正直申し上げて非常に厳しい状況です。でも過去の指導例では6年の7月から始めて共立中、10月から始めて城北に合格した子がいます。あきらめずに頑張りましょう。

7月9日 質問
難しいと聞いてますが関西の中学入試の実情はどうなんですか?子供の数は減っているのでしょう。

● 答え
2003年度関西2府4県の中学入試出願者数52077名、受験者数42592名です。これに対して合格者数25225名、倍率1.69倍となっています。つまり受験者数は増える傾向にあります。まして名門と呼ばれる有名校は・・・やはり厳しいと思われます。

7月11日 質問
大手塾に通う小6の女子の親です。4年生の頃は成績は上位だったのですが、だんだん落ちてきて現在志望校をあきらめかけている状態です。毎日遅くまで塾に通い宿題も必死でこなしているようなのですが。

● 答え
成績が落ちているのではありません。5年生の夏休みから学習内容が質、量ともかなり増えてきます。お子様の絶対的な力は増しているのですが、グループ全体の伸びの方が大きい為相対的な位置がさがっているように見えるわけです。具体的には算数は問題文を読んだだけで頭のなかで式を考え処理をしようとすると伸びがとまります。4年生までのものでしたらそれでも処理できるのですが既に複合要素をからめあわせないと解答に至らない場面にさしかかっています。今からでも遅くはありませんから図や絵、表を使う練習をすればまた伸びてきます。あわてないで、焦らないで夏期講習の前半つまりお盆の前くらいまでは基本の取り込み、図をかける状態にしましょう。まだまだ大丈夫ですよ。

8月9日 質問
国語の点がとれません。漢字と知識はしっかり勉強しているようなのですが

● 答え
国語は特に記述の配点が大きく、ここを空欄にしたり、見当外れの解答をすると大きく減点されてしまいます。国語は大きく点数の差が開く科目です。具体的には、まず、設問に忠実に答えること。
気持ちを聞かれているのであれば、喜び、嬉しさ、悲しさ、不安、怒り、その他気持ちを表している言葉をみつけること。理由を聞かれているのであれば、必ず文の前後に答えの部分がそっくりあるので、それを抜き出し・・・・から、ので、の言葉を付け加えるくせを。そして、短時間で記述力をつけるには、これはASKの独特の方法ですが、どんな文でもかまいませんから、300字程度の文章を50字に要約する訓練をすること。1月もすれば見違えるようになります。その場合、大人がしっかりと添削をしてあげることが必要ですが、まずお母さんに聞かせてというようにお母さんが聞いてあげることで十分ですよ。

8月25日 質問
小6の受験生の親です。毎日朝から晩までリュックを背負って、親の目から見ても頑張っていると感じます。本人は漠然とある中学校の名を口にし、そこを目指しているようなので親としては叶えてあげたいのですが、現在塾のテストの成績からは無理のようなのです。志望校はいつごろ最終決定すればいいのですか?今から偏差値はどれくらい伸びるものなのですか?

● 答え
お子様が親御さんの目から見ても本当に痛々しいほどの頑張りを見せるのはきっとその志望校に入りたい一心からで、成績が振るわないからと志望校を変えてしまうのは得策とは言えません。しかし、あまりに高い学校はその準備がお子様の力をはるかに超えたものになり、つまり難しすぎることをやりすぎて、簡単な問題も得点できなくなる事もあります。大手塾では10月、あるいは11月の段階である程度の志望校の振り分けをすると聞きます。
 ASKは中学はたとえ不合格になってもいくらでも将来とりかえせるものだと考えます。ですから、受験したいのなら、全力でその希望を応援します。その方が悔いが残らないからです。しかし、大人がなすべきことは、きちんとその子の力に応じた学校もしっかりと下調べをして、受け網を用意しておくことが大切で、また、第一志望に不合格になったとしても、第二第三志望校に合格したのであれば、喜んで「おめでとう」と心から言ってあげることです。
 また、どれくらい伸びるかというご質問には個人差がありますが、一番伸びた子は10以上伸びています。夏期講習の頑張りは早くて10月、遅くとも11月には表れてきます。少しでも伸びたと感じられたら間髪を入れず誉めてあげることが肝心です。お子様は親御さんに誉めてもらうことが一番の励みになるのですから。
ASKのお答えは、志望校の最終決定は1月で十分と申しあげます。同時に同じ日に二通の願書を出願される受験生も少なからずいることもお含みおきください。まだ試験まで5か月もあることをお忘れなく。まだまだ先は長いですよ。がんばりましょう。

COPYRIGHT(C) 2005 ASK進学教室 ALL RIGHTS RESERVED.